イメージを形にする再現力

ノウハウが総合力を引き出します

図形1イメージを形にするクリエイテビティーは、カーテンつくりに熟知したスタッフによって提供させていただきます。
まず提示された、スタイル・イメージパース・写真などをもとに施工現場での再現性を検討、そしてデザインを考えた後、実際のサイズを設定します。時にはお客様へイメージを伝えるために施工現場に合うスタイルを、当社ショールームにてご提示することもあります。

 

図形2加工するファブリックスを前に、イメージ通りのドレープ性(ウエーブ形状)があるか、ファブリックスの持つ柄をどの様に生かすか等を考えます。これはカーテン作りにクリエイティブを表現する大切な工程。一窓一窓にクリエイティブの行き届いた妥協のないカーテンつくりを目指します。

 

図形3すべての工程において、カーテンつくりに熟知したスタッフがお客様の求めるカーテンを妥協なく行っています。そこにはお客様のイメージを形にする再現力があるのです。